脱毛すると、なぜ「毛が生えなく」なるのか?

脱毛で毛が生えなくなる脱毛施術すると毛を薄くしたり、生えてこなくすることもできます。

皮膚の上から光を当てるだけで、どうして毛が生えてこなくなるのでしょうか?

毛穴奥にある「毛乳頭」を壊せば、毛は生えてこない

毛乳頭
まず「なぜ毛が生えるのか?」ですが、

毛は毛穴の奥にある「毛乳頭」から生えてきます。毛乳頭を通して栄養を受け取った「毛母細胞」が分裂してできるのが「毛」です。

この毛乳頭を壊せば、毛はもう生えることができなくなります。

この毛乳頭にダメージを与えて弱らせたり、破壊してなくしてしまうのが、脱毛で毛が生えなくなる原理です。

どうやって毛乳頭を壊すのか?


サロンの光や医療レーザーの場合、これらの光は毛のメラニンの色に反応して「発熱」する光です。この光を照射することで「毛」を発熱させて、その熱で毛穴奥の毛乳頭にダメージを与えます。

ニードル(電気針)脱毛の場合は、毛穴に直接差し込んだ針に電流を流して発熱させます。

「毛穴」も小さくなる

脱毛で毛穴も小さく
脱毛して毛が生えなくなると、毛穴も小さくなるというメリットがあります。

毛は「生える」→「抜ける」→「休む」というサイクルを繰り返していて、「生える」のときは毛穴が深く大きく、「休む」のときは毛穴が浅く小さくなります。

毛が生えなくなるとずっと「休む」の状態なのと同じになりますので、全体的に毛穴が小さくなります。