脱毛サロンの予約キャンセル、遅刻、中途解約について

予約キャンセル、遅刻、中途解約脱毛サロンに通い始めても、なかなか「予定通り」に行かない場合も出てくるでしょう。

  • 急な用事や生理で予約をキャンセルしたい。予約日を変更したい。
  • 前の予定が長引いて遅刻しそう。
  • 違うサロンに変えたい。都合により通えなくなったので中途解約したい。

こんな場合、どうすればよいのでしょうか?

サロンや店舗、脱毛コースによっても違うのですが、ここではおおよそのことをお伝えします。

予約日を変更したい場合は?

予約の変更
どのサロンも「予約の変更」はできます。

当日でもOKな場合や、3日前までに連絡が必要な場合があり、サロンやコースによって違います。

もし「期日」までにキャンセルの連絡が駅なかった場合、

  • 予約キャンセル料(千円~2千円)を取られる場合と
  • 「回数制の1回分」を消費した扱いになる場合

があります。

(ミュゼは無断キャンセルでもペナルティ無しです)

遅刻する場合

遅刻
これもサロンや「店舗」ごとに対応が違う場合があります。

まず遅刻しそうなことが分かっている場合は、サロンに連絡を入れましょう。

「無断」で遅刻しても受け入れてもらえない場合が多いです。この場合、「キャンセル料の支払い」もしくは、「1回分消化扱い」になってしまいます。

連絡した上での遅刻であれば、「残された時間内」でできるだけ施術してもらえる場合も多いです。

遅刻しそうならまず電話です。「その時間に行く約束」を破るわけですから、そのことは丁寧に誤りましょう。その上で、「なんとかしていただけませんか?」とお願いしてみると、電話の向こうも「人」ですから、規則を緩めてなんとかしてくれる…かもしれませんよ。

中途解約したい場合は?

解約金
どの脱毛サロンでも中途解約は可能で、残りの分のお金は戻ってきます。

仮に「3万円」のコースを半分残して解約する場合、残額の「1万5千円」が戻ってきます。

ただしこのとき、残額の10%(1500円)を「解約手数料」としてサロン側に支払わなければいけません。

(ミュゼは解約手数料の支払い無しです)